シニア犬用でも美味しさを追求!ドッグフード【ピッコロ】新登場!

ワンちゃんの寿命がのびてくると、
当然のようにシニア、老犬という時期が増えることは当たり前です。

7歳くらいからシニアとすると、人生の3分の2か半分ほどはシニアといえます。

以前、当サイトでシニア犬、老犬用としておススメしていたネルソンズですが、
レシピの変更により、シニア犬、老犬用としては強みが消えてしまっていました。

ですが、安心してください。
(当サイトでもおなじみ、レティシアンさんの輸入しているフードです)

シニア犬、老犬用でありながら、美味しさも追求したフードが登場しました。

その名も、ドッグフード【ピッコロ】!

シニア犬、老犬用のフードはなんだか美味しくなさそう・・・
カロリーを抑えるだけでシニア犬用って言えるのかな?
まだまだ、元気に過ごしてほしい・・・

いろいろと、私自身、思うところがありました。

老犬になって、散歩もあまり喜ばず、
目の前を通り過ぎても目線だけ動かして、チラっとこちらを見る愛犬の元気がなくなっていくさま・・・

なんか、切ないわけですよ。

おまえ、私より後から生まれてきたよね?
もっと、昔みたいにじゃれついてこいよ!と。

・・・・・・いや、まぁ、思い出すとね。(´ω`。)グスン

とにかく、シニア犬となって、老犬となっても、元気であって欲しいと願うのが当然です。

ピッコロは、
・グレインフリー(穀物不使用)
・チキンとサーモンで70%の美味しさ
・カロリー&脂質控えめ
・有害な添加物もちろん不使用
など、最高ランクのフード。

「うちの子、そろそろ7歳だわ」
「あら?8歳になったけど、フード変えてないわ」
「最近、食欲がなくなったみたい・・・」

そんなときには、ピッコロという選択肢をお忘れなく。

通販のみでの販売となります。

「若いころと同じフードじゃカロリーの摂り過ぎだわん♪」
「健康に、いつまでも一緒に居たいから、ピッコロ選ぶわん♪」

詳細を個別に記事にしてみました。
「シニア犬用のドッグフードでいいものないかなぁ?」という方は覗いてくださいね。
シニア犬用ドッグフード『ピッコロ』口コミ

カナガンVSネルソンズドッグフード比較してます

あれ~?やってなかったのぉ~?というお言葉も受けつつ、
カナガンドッグフードとネルソンズドッグフードの比較をしています。
am500_an022
「しています」という表現でお気づきでしょうが、
普段から難航している比較に輪をかけて、難しいのです。

恥ずかしいのですが、途中までしか出来ていません。
ネルソンズVSカナガン比較対決

調べれば調べるほど、両者に差がなく、
いつの間にか、「どちらかの悪い部分」「劣っている部分」を探す自分が居りました。

しかし、今のところ、「コレだ!」という差異が見つかりません。\ T д T /オテアゲ

売り上げ、人気という点だけは、カナガン4:1ネルソンズ(先月集計)と明白なんですが、
カナガンキャットとシンプリーの例もあり、これも何ともいえません。
(シンプリーの急成長は想定外の出来事でした)
 ↓
(記事及び宣伝の量的な部分と時間差という点)

・・・・と、泣き言を言っても仕方ないので、
必ず、圧倒的な差異を見つけて、
皆さんに安心して選んでいただけるようにやってみますよ。

あなたが「これは・・・」とお気づきの点があったら、
お問い合わせからご一報いただけたら、嬉しいです。(他力本願)

≪以下、公式サイト≫
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

イギリス最高級のグレインフリードッグフード
『ネルソンズ』


老犬・シニア犬のためのドッグフード

子犬用のドッグフードも大事ですが、
長年いっしょに暮らしてきた老犬・シニア犬の食事を気にする方が最近多く感じます。

「いっしょに長生きしたいもんね☆」
「うん、いつまでもいっしょだよ♪」
150401dogImage4-550
犬の寿命が長くなった・・・というのも原因だと思いますが、
ひと昔前よりも、愛犬のポジションが「より、家族に・・・」近づいたのだと嬉しく思います。

というわけで、今日は老犬・シニア犬のためのドッグフードが、
どういった条件を満たしていると良いのか?に迫りたいと思います。

ちなみに、フードの質そのものではなく、量の問題を先に解決しておきましょう。

それは...
人間同様、若い内に食べていた量をエネルギーとして摂取する必要がない-ということ。

歳を重ねると食自体も細く(あまり食べなく)なりますが、
これは、日中飛んだり跳ねたりして遊んでいた若い頃と違うので、当然のことです。

無理やりに必要以上のドッグフードを与えることは、
病気や肥満の原因にもなりますので、あなたが量を調節してあげてくださいね。
(無理やり食べさせるのはもってのほかですよ)

では、本題へ。

■老犬・シニア犬の体のことを知ろう

老犬・シニア犬は、咀嚼(噛む)する力が小さくなります。
ですから、粒が小さめなものを選ぶことは大事です。

また、考えすぎ・・と言われる方もおいでですが、
人間と同じで関節の痛みなどもあるようですから、
グルコサミンやコンドロイチンが配合されたフードも選択肢に入れてみましょう。

そして、子犬や成犬でも同じですが、
グレインフリー(穀物不使用)も加味してみてください。

・・・すると、答えは自然と出るんです。
 ↓
ネルソンズドッグフード

ドッグフード人気ランキングでは、惜しくも次点止まりでしたが、
これから必ず支持されるドッグフードのひとつに選ばれるはずです。
(カナガンとネルソンズの比較もしないと・・・)
150401Image2-600

カナガンも捨て難いですが、老犬・シニア犬のため...ということを考えると、
やはり、ネルソンズを選択することが正しいような気がします。

公式サイトでしか購入できませんのでご注意ください。
ネルソンズドッグフード