老犬・シニア犬のためのドッグフード

子犬用のドッグフードも大事ですが、
長年いっしょに暮らしてきた老犬・シニア犬の食事を気にする方が最近多く感じます。

「いっしょに長生きしたいもんね☆」
「うん、いつまでもいっしょだよ♪」
150401dogImage4-550
犬の寿命が長くなった・・・というのも原因だと思いますが、
ひと昔前よりも、愛犬のポジションが「より、家族に・・・」近づいたのだと嬉しく思います。

というわけで、今日は老犬・シニア犬のためのドッグフードが、
どういった条件を満たしていると良いのか?に迫りたいと思います。

ちなみに、フードの質そのものではなく、量の問題を先に解決しておきましょう。

それは...
人間同様、若い内に食べていた量をエネルギーとして摂取する必要がない-ということ。

歳を重ねると食自体も細く(あまり食べなく)なりますが、
これは、日中飛んだり跳ねたりして遊んでいた若い頃と違うので、当然のことです。

無理やりに必要以上のドッグフードを与えることは、
病気や肥満の原因にもなりますので、あなたが量を調節してあげてくださいね。
(無理やり食べさせるのはもってのほかですよ)

では、本題へ。

■老犬・シニア犬の体のことを知ろう

老犬・シニア犬は、咀嚼(噛む)する力が小さくなります。
ですから、粒が小さめなものを選ぶことは大事です。

また、考えすぎ・・と言われる方もおいでですが、
人間と同じで関節の痛みなどもあるようですから、
グルコサミンやコンドロイチンが配合されたフードも選択肢に入れてみましょう。

そして、子犬や成犬でも同じですが、
グレインフリー(穀物不使用)も加味してみてください。

・・・すると、答えは自然と出るんです。
 ↓
ネルソンズドッグフード

ドッグフード人気ランキングでは、惜しくも次点止まりでしたが、
これから必ず支持されるドッグフードのひとつに選ばれるはずです。
(カナガンとネルソンズの比較もしないと・・・)
150401Image2-600

カナガンも捨て難いですが、老犬・シニア犬のため...ということを考えると、
やはり、ネルソンズを選択することが正しいような気がします。

公式サイトでしか購入できませんのでご注意ください。
ネルソンズドッグフード



シンプリーキャットフードレシピ変更のお知らせ

シンプリーキャットフードのレシピが2016年9月に変更となりました。
詳しくはシンプリーキャットフードレシピ変更のお知らせを参考にしてください。