カナガン&シンプリーキャットフード給餌量から見る違い

当サイトのキャットフード人気ランキングで1位、2位の勝負を繰り広げているのが、
カナガンキャットフードとシンプリーキャットフードの2つです。
(現時点のランキングでは、カナガンが1位、シンプリーが2位)
150405Image1-600
しかし、ここ最近では、シンプリーキャットフードが1位になる可能性も現実味を帯びてきました。

そんなイギリス産キャットフードとして人気の両者について、
給餌量という切り口から違いを見てみましょう。

・・・と、その前に明確な差だけおさらいしておきましょう。

■カナガンキャットフードは、グレインフリー(穀物不使用)
 □シンプリーキャットフードは、穀物を若干使用
■カナガンキャットフードは、全年齢(子猫~老猫まで)対象
 □シンプリーキャットフードは、成猫(10ヶ月以上)から対象
■カナガンキャットフード100g=約390kcal
 □シンプリーキャットフード100g=約357kcal


<カナガンキャットフード給餌量の目安>
14101300canagan-cat-image346-600


<シンプリーキャットフード給餌量の目安>
150405Image2

給餌量は、それぞれ上の図を参考にしていただきたいのですが、
まぁ、おおよそ、シンプリーは、カナガン+5g程度と考えてもらえば良いと思います。


実際、シンプリーのカロリーの低さは、
キャットフード全般を見てもトップ水準と言えます。

だって、肥満用と銘打ったキャットフードよりも、カロリーが低いんですから。

全部が全部、肥満用なのにカロリーがシンプリーを上回るわけではありませんよ。
(念のため言っておきます)

でもね、肥満用と書いてあれば、
「じゃあ、これをあげればいいんだ!」ってなりますよね?普通は。

ホント、国産フードには、もっとしっかりしてもらわないと!
(あっ、国産って言っちゃった!^^;)



カナガンとシンプリーの詳細な比較は、以下の記事を参考にしてください。
カナガンVSシンプリーキャットフード比較


カナガンとシンプリーの給餌量から見える違いは、カロリーが一番大きいかな?

1日5gの差って、無い様で有りますからね。
でも、そこはケチるべきでは無いし、あなたには、もっと大きな視野で選んで欲しいと思います。


『カナガンキャットフード』

シンプリーキャットフード


シンプリーキャットフードレシピ変更のお知らせ

シンプリーキャットフードのレシピが2016年9月に変更となりました。
詳しくはシンプリーキャットフードレシピ変更のお知らせを参考にしてください。