ジャガーキャットフードの差は?カナガン、シンプリー比較

当サイトでは不動の地位を築いているカナガンキャットフードとシンプリーキャットフード。

どちらもプレミアムキャットフードとして申し分ないのですが、
更にワンランク上を・・という方がいるのも事実です。

そこで今回は、カナガンとシンプリーの上を行く、
ジャガーキャットフードについて、簡単にその差を紹介したいと思います。

 原材料の80%以上が動物性原料

ジャガーキャットフードは、原材料の80%以上が動物性です。

パッケージ裏面をご覧いただければ分かると思いますが、
2行目の「ジャガイモ」が出てくるまで、ズラッと動物性原材料です。

その後も、動物性が出てきます。

シンプリーが出てきたとき(シンプリーはサーモン中心に60%程です)
「すっげぇ、ドライフードが出てきたなぁ、おら、わくわくすっぞ。」(悟空っぽく)と感じたのですが、
80%越えは、もう笑うしかない状態です。

 人工添加物、穀物不使用!

これね、カナガンとシンプリーも同様なので、本当はここで挙げるか迷ったんです。

でも、入れておかないと、
「あれ?ジャガーは人工添加物使っているの?」
「おや、ジャガーはグレインフリーじゃないのかな・・・」

と、勘違いされる方もいると思ったので、挙げました。

カナガンも、シンプリーも、ジャガーも、ここは仲良く最善の選択をしています。

 素材にこだわり過ぎてついにヒューマングレードへ...

もう、最初に笑っておきますが、
ジャガーキャットフードは素材がヒューマングレードです。

こだわり過ぎですよね?

ヒューマングレードとは、
ペットフードよりも厳しい審査基準を満たした人間の食事用レベルの素材を使っている証です。

そりゃあ、猫好き、犬好きな人間にとっては、当たり前でしょ!?と思う部分ですけどね。

それでも、
“今まで無かったレベル”に達したジャガーキャットフードの存在は、
なんか、わくわくする・・・というか、自然に顔がほころんでしまうわけです。
(分かってもらえますでしょうか? ^^; )

 

カナガンとシンプリーも、間違いなく最高品質のキャットフードです。
ですが、それよりもワンランク上・・みたいな存在が、ジャガーキャットフードです。

価格面で1割ほど高めの設定なので、そこだけウィークポイントでしょうね。
カナガン、シンプリー・・・定期コース3,564円(税抜)
ジャガーキャットフード・・・定期コース3,852円(税抜)

なんか、あえて並べてみるとそれほど価格の差は感じませんね。^^;

最後に、
今回は脇役になってしまったカナガンとシンプリーも、
決して引き立て役ではない、しっかりした良い品であることを伝えておきます。

カナガンキャットフードとシンプリーキャットフードの比較は、以下の記事をご覧ください。
カナガンVSシンプリー キャットフード比較

ジャガーキャットフードのお申し込みは下記、公式サイトよりお願いします。
プレミアムキャットフード『ジャガー』




こちらのサイトでジャガーキャットフードの詳細をご覧いただけます。
ジャガーキャットフード評判・口コミ

シンプリーキャットフードレシピ変更のお知らせ

シンプリーキャットフードのレシピが2016年9月に変更となりました。
詳しくはシンプリーキャットフードレシピ変更のお知らせを参考にしてください。