モグワンドッグフード~手作りレシピの厳選素材でつくった究極のフード登場!?

当サイト及び関連サイトでは、長らくカナガンドッグフードが頂点に君臨していましたが、
久々にその座をおびやかす存在になるのでは?と感じるのが、モグワンドッグフード。

モグワンドッグフードは、手作りレシピを再現したフードで、
カナガンやネルソンズといったプレミアムフードの更に上を行く存在です。

モグワンドッグフードも、安心・安全、
そして愛犬の健康を一番に考えられています。
(販売元はレティシアンさんです!!)

今までと一線を画したお洒落なホームページも必見です。

プレミアムドッグフード『モグワン』

最大の売りはなんと言っても素材。

カナガンドッグフードやネルソンズでも妥協していなかったのに、
モグワンは更にその上をいく徹底ぶり。

実は、当サイトでの告知が遅くなってしまい、(申し訳ありません)
もう既に「かなり売れています」という報告を頂戴しています。^^;

年内の営業は29日までとなりますので、ご了承ください。
(お正月は4日から営業開始です)

プレミアムドッグフード『モグワン』



これから、当サイトでも詳細を記事にしていきますが、
モグワン公式サイトのきれいさに感化されて、別サイトも制作中です。

モグワンドッグフードが選ばれる理由

こちらも併せてご覧いただければ幸いです。
※現時点(原稿執筆時点)では未完成ですので恥ずかしいですが。^^;

犬・猫の健康を考えるなら、これくらいの知識は必要ですよね

いつまでも、健康で長生きして欲しいから...



愛犬家、愛猫家にとって、愛犬や愛猫が健康で長生きしてくれるのが、

何よりも願って止まない条件であることは、言うまでもありません。



しかし、多くの方(私を含め)が、犬本来、猫本来の生態について無知であり、

ドッグフードやキャットフードというものを深く知っていなかったことを反省する必要があります。



それは、日本製・国産のドッグフード・キャットフードを選択することを、

「間違いではない」と思っている認識から改善されなくてはならないからです。



「え?どういうこと?」



多くの方は、頭の中に?マークが出ているのでは無いでしょうか?



そもそも、私はグレインフリーという言葉すら知りませんでした。



グレインとは、穀物という意味で、フリーとは使っていないという意味です。

つまり、グレインフリーとは穀物不使用であるということ。



実は、犬や猫にとって穀物は栄養にならないばかりか、

消化器官の不調、皮膚や毛並みへの悪影響、アレルギーの原因になることもあるからです。



しかし、残念ながら大麦や小麦などの穀物は、

通常の日本製のドッグフード・キャットフードには例外なく使われています。



つまり、あなたが使っているドッグフードやキャットフードの袋の裏面には、

「小麦」とか「大麦」とか「とうもろこし」といった記載があるはずです。

(ぜひ、これは今すぐ確かめてください!)





そもそも、犬や猫に穀物を消化する酵素が存在しないこと―。



穀物のひとつやふたつ・・・と考えるのは、いささか早計です。

なにしろ、犬や猫は、穀物を消化できないのですから。



「え?本当に?」



犬や猫には、身体の中で穀物を消化する酵素を作っていません。



つまり、消化できないものは栄養にならないのです。

・・・というよりも、それって不要物を身体に取り込んでいるだけじゃないですか?



・・・これじゃ、食事と呼べませんよね?





あなたは、普段摂っている食事が健康な身体を作るものなのか、

病気の元になる荒れた食事なのか?を考えたことはありませんか?



もし、あなたが今までに一度でも食事と健康というものに気をつけた経験があるのなら、

ドッグフードやキャットフードについても、少しだけで良いので考えてみてください。



ペット先進国のイギリスから、はるばるやって来るのには理由があります。

世界中の愛犬家・愛猫家から選ばれるのには理由があります。



「うちの子、ドライフードは食べないんざます」



いえ、奥さん、それはそのドライフードが身体に良くないことを知っているからですよ。



健康は食事から。

それは、犬も猫も同じではないでしょうか?



世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』








世界中の愛猫家から支持される、イギリス産キャットフード『カナガン』







カナガン&ナチュラル比較~イギリス産高級ドッグフード対決!?

イギリス産高級ドッグフード対決!?



カナガンドッグフードとナチュラルドッグフード(NDF)の差。



ペットフード市場は、ペットブームに後押しされる形で、好況を呈しています。



また、インターネットの普及やそれに伴う通販限定商品の出現など、

一昔前の「安ければそれでいい」とか、

「近所のスーパーの特売品でいい」という流れにも変化が訪れています。



今回は、日本でも愛犬家に人気の、

イギリス産高級ドッグフード2種類について、比較してみようと思います。



先に、言っておきますが、劇的な「コレだ!」という差が無かったので、

のん気に比較表を眺めていただければ幸いです。



イギリス産高級ドッグフードカナガンドッグフード/ナチュラルドッグフード比較表
名称 カナガンドッグフード ナチュラルドッグフード
画像
価格 3,960円(税別・1袋2kg)※定期コース割引アリ・購入特典参照
共通する特徴 小型で食べやすい。人工添加物不使用・肉の副産物不使用・着色料不使用・保存料不使用・香辛料不使用です。
商品特徴 グレインフリー(穀物不使用) アレルギー原因物質不使用。但し、大麦は使用している。
原材料特徴 チキン(鶏肉ベース) ラム(羊肉ベース)
対象犬種 子犬や小型犬でもOK。全犬種。 7ヶ月目~全犬種。
購入特典など 定期コースだとお買い得に購入できます(最初から10%割引)
公式サイト



<その他・情報>



※定期コースは、3回まで継続していただくことが条件です。

※定期コースの間隔は、「1週間」~「13週間」の間で選べます。

カナガンドッグフード・ナチュラルドッグフード給餌量の目安をご参照ください)

※日本国内へ輸入しているメーカーは同一です。



当サイト独自の集計では、

グレインフリー(穀物不使用)のカナガンドッグフードの方が人気ですね。

※紹介記事などが多いのも理由だと思いますが。^^;



カナガンドッグフードの方が、

特色がしっかりとしているのも選ばれる理由でしょうね。

<カナガンの特色>

⇒グレインフリー(穀物の不使用)※他のドッグフードには、ほぼ無い最大の特徴

⇒子犬から与えられる※途中からフードを替える必要が無い





以下のページにて更に分かりやすくまとめておきましたので参考にしてみてくださいね。
イギリス産高級ドッグフード比較してみました


カナガン&ナチュラルドッグフード給餌量の目安

カナガンドッグフード・ナチュラルドッグフード給餌量の目安です。



以下、注意点。



◆表に記載されているのは、1日の給餌量です。

◆ワンちゃんは、1日に2回の餌やりですから、

1回分は、表の半分の量ということになりますので、ご注意ください。

※通常のドッグフードの給餌量も少ない点も気をつけてくださいね。



太りすぎの場合は、表の給餌量から10%減らす、

痩せすぎの場合は、表の給餌量から10%増やすなどの健康管理も行ってあげてください。



△カナガンドッグフード給餌量の目安

成犬用



子犬用



※1年未満を子犬としています。





詳細・ご購入は公式サイトからお願いします。

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』






△ナチュラルドッグフード給餌量の目安







詳細・ご購入は公式サイトからお願いします。

イギリス産『ナチュラルドッグフード』






以下、更に、注意点。



◆今まであげていたドッグフードから、新しいドッグフードに変更する場合は、

2~3週間かけて、徐々に慣らすようにしてあげてください。



◆急激な変更(ドッグフードAをある日を境にドッグフードBにいきなり変える)は、

ワンちゃんの食欲不振や下痢などの症状に結びつく場合があります。



◆ドッグフード全般に言えることですが、

(ドライフードは特に)フードを与える際に、新鮮なお水も隣に置いてあげてくださいね。



◆賞味期限が通常のドッグフードよりも短い点も注意してくださいね。

(添加物などで誤魔化していない(ナチュラルな)分だけ短いです)




カナガンドッグフードを選ぶ人が増えています

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』




世界中の愛犬家から支持される、

イギリス産ドッグフード「カナガン」ですが、

ここ数年、日本でも徐々に愛犬家から支持され始めて来ています。



当サイトでも、目的別の療法食を―という方以外では、

カナガンを選択する方が増えており、

昨年より、今年、1月より2月...と、人気が出て来ています。



グレインフリー(穀物不使用)という考えは、

まだまだ日本の既存メーカーでは実践しているところも少ないのは、

色々な記事で触れていますが、先ず、それを知っていただくことが大前提。



愛犬の健康を考えたドッグフード選びをするなら、

辿り着いて当然!の結果と言えるでしょう。





偏った食生活では健康に長生きできる―とは言えませんし、

最近では、アレルギーがあるワンちゃんや、

痩せすぎ、太りすぎ...といった、まるで中年男性の様なワンちゃんも居ます。



考えれば考えるほど、

「どのドッグフードが良いの?」と、

飼い主さんもワケが分からない状態になっているのかも知れません。



ワンちゃんが、よく食べる上に、

身体に優しく、健康にも良いカナガンドッグフード。



だからこそ、リピート率も脅威の80%越え!しているんですよね。



イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガンドッグフード』



↓お申込みはこちらから↓
世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』








※ワンちゃんにはクリックできない(最近はするのかな?^^;)ですから、

飼い主であるあなたが、代わりにクリックしてあげてくださいね。