ネルソンズドッグフードのレシピ変更について

dog_pug
更なる愛犬の健康を考えて、
この度、ネルソンズドッグフードのレシピが変更となりましたので、お知らせします。

大きな変更というよりは、小さな(でも、愛犬の健康を考えたレシピ)変更・追加です。

生産者のマイク・フェアオール氏は、
ブリーダーとして日々子犬たちに愛情を傾ける傍ら、
常に最良のドッグフードとは何かを追求し続けています。

そんな彼が1つ1つ原材料を吟味し直し、
改良を重ねてつくり上げた渾身のレシピが、
今回リニューアルされた『ネルソンズドッグフード』です。

新しいネルソンズに追加された原材料紹介

【新】原材料1:バターナッツスカッシュ
近年日本でも注目を集めるかぼちゃの仲間。
栄養価が高く、特に強い骨づくりをサポートするビタミンKや、
筋肉の生産を助けるビタミンB6を多く含みます。 

【新】原材料2:グレープシード
ブドウ種子のこと。ブドウ種子からとれる油には、
高い抗酸化作用をもつプロアントシアニジンが多く含まれます。
更に、コレステロール値を下げるリノール酸やオレイン酸も豊富。

【新】原材料3:パースニップ
イギリスで古くから愛される、別名「白ニンジン」とも呼ばれる野菜。
ビタミンE、B1やミネラル分が豊富で栄養たっぷりです。

150404nelsons-300

現時点での原材料一覧

乾燥チキン(26%)、チキン生肉(20%)、サツマイモ、ジャガイモ、
豆、鶏油、バターナッツスカッシュ、チキングレービー、サーモンオイル、
豆繊維、ミネラル、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、海藻パウダー、
グルコサミン、クランベリーエキス、コンドロイチン、ニンジン、グリーンピース、
カボチャ、リンゴ、ナシ、ブロッコリー、パースニップ、ペッパーミント、
パセリ、フェンネル、マリーゴールド、ショウガ、グレープシード

穀物不使用(グレインフリー)、その他の素材にもこだわっていますので、
太り気味のワンちゃん、アレルギーが気になる飼い主さんにお勧めです。

栄養価、味わい共にグレードアップしたネルソンズドッグフード。
お宅のワンちゃんもきっと気に入るはずですよ♪
ネルソンズドッグフード



安心・安全なペットフードを選びませんか?

am900_an066-550
ドッグフード、キャットフードが安心・安全であることは、
飼い主さんが一番最初に考えてほしいことです。

食の安心安全が叫ばれる昨今、
ペットの食事の「安心・安全」にも関心が高まっていることはとても喜ばしいことです。

当サイトでも人気のプレミアムフード。
 イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 ネルソンズドッグフード

 イギリス産『ナチュラルドッグフード』

 『カナガンキャットフード』

 シンプリーキャットフード

上記のペットフードは、
すべて株式会社レティシアンさんがイギリスから輸入しているフードです。

これらのペットフードが、なぜ人気なのか?
今回は、安心・安全という側面からお話していこうと思います。

「無添加=安心」ではない?

そもそも「添加物」とは何でしょう?

一般社会法人ペットフード協会は、
「添加物」の役割をこんな風に定義しています。

——————-
栄養分を強化して、栄養価を高める役割
酸化防止など品質を保持する役割
——————-

つまり「添加物」とは
・栄養素を補強したり、
・商品品質を維持したり
本来、有益なものであるはずなのです。

では、なぜ「添加物=悪」と言われてしまうのでしょうか?

それは、巷には危険な添加物をたっぷり含んだ
ペットフードがあふれているからです。

人間向けの食事には、安全性を守るための厳しい法律があります。

さらに、人間が食する可能性のあるブタやトリ牛などの家畜にも
危険な添加物を規制する法律(飼料安全法)があります。

しかし、日本においては
「人の健康を害する危険がない」という理由で、
ペットフードの安全性をまもるための規制は無いのが現状です。

そのため、毒性の強い防腐剤などの添加物を大量に使用し、
都合の悪いことはパッケージに記載しない…
こんなフードで溢れかえってしまったのです。

そして一般消費者のあいだで
「添加物=悪」というイメージが付いてしまったのです。

安全なフードを見極めるには?

フード選びの際にはまず、
以下の防腐剤が添加されていないか、最低限確認したいところ。

※毒性の強い防腐剤。使用されているフードは要注意です。
「BHA」「BHT」「エトキシキン」

ただし、パッケージを見るだけではいけません。

なぜなら、日本においてペットフードには、
成分の表示義務が無いからです。

なので、
「防腐剤には何を使っていますか?」と、
メーカーに問合せるほか、確かめる方法がないのが現状なのです。

レティシアンのフードは安心?安全?

レティシアンさんのフードがなぜ、安心、安全なのか?

商品品質を維持するために
酸化防止目的でつかっているのは、
「ミックストコフェロール」と呼ばれるビタミンEや、
ハーブなど自然由来の成分。

ワンちゃん猫ちゃんが毎日食べるフードだからこそ、
有害な添加物は一切排除しました。

もちろん、飼い主の気を引くための
「人工着色料」「人工香料」なども不使用です。

高品質な肉や魚といった主原料を
たっぷりつかっているので、
そのままでも食付きバッチリで、安全性もお墨付き。
粗悪な商品のように嗜好性を高める必要がないのです。

安心・安全な食事を提供することは、
飼い主さんとして第一に考えて欲しい大事なことです。

今、お使いのフードが、ワンちゃん、猫ちゃんにとって良いものか?
一度、考えていただくきっかけになれば幸いです。

 イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 ネルソンズドッグフード

 イギリス産『ナチュラルドッグフード』

 『カナガンキャットフード』

 シンプリーキャットフード

サイトマップ導入しました

当サイトも記事が増え、毎日、数百名のご訪問をいただけるようになりました。
ありがとうございます!感謝しております。\ ^д^ /

ですが、記事が増えるにしたがって、
ご希望の記事にたどり着き辛くなって来たのでは無いでしょうか?

そこで、利便性を高めるべき、サイトマップを導入しました。
160302Image2000
サイトマップ
(今までサイトマップを導入していなかったのは、、、忘れていただけです ^^;)

サイトマップでは、記事タイトルから、ご希望の記事をご確認いただけます。

その他、右サイドバーにある人気記事ランキング(一度リセットしようかしら?)や、
最下部にありますタグクラウドなどもご活用いただければ幸いです。

今後は、より分かりやすい記事、
見やすい構成を考えて参りますので、ご愛顧の程、宜しくお願い致します。

ojigi_animal_inu_kouji-300


犬猫の肥満でお困りなら...

31630224d372c55f2c6c20bbcb803914_s
犬25%以上、猫33%以上。

これは、肥満が悩みとなっている飼い主さんの数値だそうで、
肥満に困っているワンちゃん、猫ちゃんがこれだけ居るんですね。
(個人的には、肥満にしてしまうことも虐待だと考えています)

ある研究では肥満気味というだけで、
健康寿命が10ヵ月程も短くなるなんて結果が出ています。

犬猫の健康寿命を守るためにも、
日々の食事面で配慮すべきなのは消化吸収率
です。

もともと肉食の犬猫にとって、
小麦など消化しづらい炭水化物は消化不良を起こしやすく、
肥満の原因の1つ
となってしまうのです。

穀類一切不使用で消化吸収率の高いネルソンズドッグフード
 ネルソンズドッグフード

消化吸収率が高く、低カロリーのシンプリーキャットフード
 シンプリーキャットフード

愛犬、愛猫の肥満が気になる飼い主の皆さんには、
一度、食事が健康に与える影響について、考えていただければ幸いです。


お宅の猫ちゃんは肉派?魚派?

am500_an047-500
「うちの子は、肉が好きみたい・・・」
「うちは、魚ばかり食べるわね・・・」

あまり感じない飼い主さんも居ると思いますが、
猫ちゃんは、肉派と魚派に嗜好が偏る傾向があるみたいです。

海に囲まれた日本においては、イメージで「猫=魚」みたいなノリですが、
じゃあ、山奥に住んでいる猫ちゃんは、何を食べるの?
(確かに、川魚という答えもありますが・・・^^;)

・・・というわけで、(多少強引ですが)
勝手に肉派と魚派の代表と特色を紹介してみようと思います。

肉派代表!カナガンキャットフード

150404canagancat-300
『カナガンキャットフード』

チキンを主原料としたキャットフード。

新鮮なイギリス産平飼いチキンを60%以上使用しており、
食付きの良さが、「偏食気味」の猫ちゃんに人気のフードです。

さらに、穀類を消化しづらい猫の身体を考えて、
グレインフリーのレシピを採用しています。

穀類の過剰摂取による肥満や、
アレルギーにお悩みの猫ちゃんにもおすすめです。

魚派代表!シンプリーキャットフード

150404symply300
シンプリーキャットフード

サーモンを主原料としたキャットフード。

スコットランド西岸で獲れた新鮮なサーモンと、
旨みをぎゅっと濃縮した乾燥サーモンを53%以上配合。

動物栄養学者と共同研究した
「おいしくて、健康的」な理想のキャットフードです。

お魚がメインなので、カロリーも100gあたり約357kcalと控えめ。
ダイエット中の猫ちゃんや、シニアの子にもおすすめです。

 

今回は、肉派、魚派ということで分類してみましたが、
永遠のライバルであるカナガンとシンプリーの対決は終わりそうにありませんね。

直近の売れ具合を見ると、
1月はカナガンキャットフードが、
シンプリーキャットフードをダブルスコアで破っていますが
2月はシンプリーキャットフードが、カナガンを上回っています。

詳しくは、こちらの記事で解説していますので、お時間のある時にご覧ください。
カナガンVSシンプリー キャットフード比較

≪以下、公式サイト≫
 『カナガンキャットフード』



 シンプリーキャットフード