ドッグフードランキング!2016年を振り返る


こちらも気になるドッグフードランキング2016年版も紹介します。

ドッグフード人気ランキング

もったいつけずにランキングを紹介すると、
1位:カナガンドッグフード
2位:ペットクリニックヤマ
3位:ナチュラルドッグフード となります。

カナガンドッグフードとナチュラルドッグフードに関しては、
商品そのものの売り上げや検索といったポイントでのランクイン。

ペットクリニックヤマというのは、店舗としての売り上げなどのポイントです。
(犬部門、猫部門と折半しています)
実際にはフード以外、サプリやその他消耗品も含まれていると思われます。

・・・カナガンドッグフードの1位は変わりませんが、
2位と3位は色々な条件で入れ替わるほどの差ですから、
厳密に言えば、2位はナチュラルかな?と思いますけどね。^^;

しばらくはカナガンドッグフードの1位は変わらない?

キャットフード部門の2016年は騒がしかったですが、
ドッグフード部門は大人しい感じだったかな?

年末近くになり、モグワンドッグフードが新発売となりましたが、
今はまだ、当サイトでは実績となっておりません。

安定して売れているカナガンドッグフードの1位は、
まだまだ続きそうな気配です。

今年は、ネルソンズ、モグワンといったフードも含め、
それぞれの良さを多くの方に知ってもらいたい!と考えております。

2017年のランキングはカナガンの他に、
ナチュラルとモグワンが勢力を拡大するのでは?と思いますが、
はたして、どうなることやら?? ^^

ドッグフード人気ランキング

キャットフードランキング!2016年を振り返る

お待たせしました!
2016年のキャットフードランキングがまとまりました。
キャットフード人気ランキング

ランキング自体をさらっと紹介すると、
1位:シンプリーキャットフード
2位:カナガンキャットフード
3位:ジャガーキャットフード といった感じです。

本当にさらっと紹介しちゃいましたが、
中身はかなり濃かった(熱かった)と感じます。

シンプリーのレシピ変更とジャガーの登場

2016年を振り返る上でポイントとなるのは、
シンプリーのレシピが変更となった秋ごろとジャガーキャットフードが登場した夏です。

それぞれ9月、7月の話ですが、
例えばシンプリーはレシピ変更(と、それに伴い記事・露出も増えたため)により、
それまでカナガンと拮抗していた力関係を一気に優位な状況にしましたし、
7月の新発売からおよそ半年で3位にランクインしたジャガーは、強烈なインパクトを残したと思います。

しかし、カナガンキャットフードは強いな・・・と

カナガンキャットフード的には、不利な1年だったかも知れません。

ですが、1年を通じて平均で人気を維持したのは、カナガンなんですよね。

変わらない強さ、女王として君臨する力を感じましたね。
(ちょっと大げさかな? ^^;)

キャットフード選びで迷ったら、人気ランキングを参考にしてみてくださいね。
キャットフード人気ランキング

参考記事も併せてご覧くださいませ。
カナガンVSシンプリー キャットフード比較

モグワンドッグフード~手作りレシピの厳選素材でつくった究極のフード登場!?

当サイト及び関連サイトでは、長らくカナガンドッグフードが頂点に君臨していましたが、
久々にその座をおびやかす存在になるのでは?と感じるのが、モグワンドッグフード。

モグワンドッグフードは、手作りレシピを再現したフードで、
カナガンやネルソンズといったプレミアムフードの更に上を行く存在です。

モグワンドッグフードも、安心・安全、
そして愛犬の健康を一番に考えられています。
(販売元はレティシアンさんです!!)

今までと一線を画したお洒落なホームページも必見です。

プレミアムドッグフード『モグワン』

最大の売りはなんと言っても素材。

カナガンドッグフードやネルソンズでも妥協していなかったのに、
モグワンは更にその上をいく徹底ぶり。

実は、当サイトでの告知が遅くなってしまい、(申し訳ありません)
もう既に「かなり売れています」という報告を頂戴しています。^^;

年内の営業は29日までとなりますので、ご了承ください。
(お正月は4日から営業開始です)

プレミアムドッグフード『モグワン』



これから、当サイトでも詳細を記事にしていきますが、
モグワン公式サイトのきれいさに感化されて、別サイトも制作中です。

モグワンドッグフードが選ばれる理由

こちらも併せてご覧いただければ幸いです。
※現時点(原稿執筆時点)では未完成ですので恥ずかしいですが。^^;

シンプリーキャットフードレシピ変更のお知らせ

当サイトでも人気のシンプリーキャットフードのレシピが変更となりましたので、お知らせします。
150404symply300
—————————————–
■新 シンプリーキャットフード 3つの特長
—————————————–
【お魚の配合量が大幅アップ!】
重要なタンパク質源であるお魚の配合量を、従来の53%から73%へ大幅に増量しました。
もちろん、おいしさも更にアップ。猫ちゃんの食い付きをご確認ください。

【グレインフリーのレシピを採用】
穀類を一切使わないグレインフリーのレシピを採用。
栄養はそのままに、猫ちゃんにとって更に消化しやすいフードに生まれ変わりました。

【多種類の野菜を追加】
腹持ちが良く、消化率の高いサツマイモが新たに仲間入り。
また、にんじんやりんごはビタミンを、ほうれん草は鉄分を多く含み、愛猫の健康維持をサポート。

—————————————–
■改良後原材料一覧 
—————————————–
原材料はこれまで同様最高レベルの食材のみを厳選しておりますので、
安心してご利用くださいませ。

【原材料】
骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、
じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、
サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、
カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク

—————————————–
■成分分析値
—————————————–
粗たんぱく質 37.00%
粗脂質 20.00%
粗繊維 1.50%
粗灰分 9.50%
水分 7.00%
オメガ6 1.33%
オメガ3 3.89%
カルシウム 1.89%
リン 1.32%
カリウム 0.59%
マグネシウム 0.13%
カロリー 380 kcal/100g

—————————————–
■給与方法
—————————————–
1日1~3回を目安に分けて与えてください。
子猫からシニアまで、全ライフステージに対応しています。

<成猫>
体重 1日の給与量 (g)
2.5 kg未満 25~35
2.5~3.5 kg 35~45
3.5~4.5 kg 45~60
4.5 kg~    60~

<子猫>
年齢 1日の給与量 (g)
2ヵ月未満 20~30
2~4ヵ月 30~55
4~6ヵ月 55~75
6~12ヵ月    75~

—————————————–

シンプリーキャットフード



うん、もっと分かりやすく差を挙げます

am900_an054-600

まぁ、成分表とか見ても分かりづらいですからね、
簡単に、旧レシピとの差を挙げてみたいと思います。

1.カロリーが増えました
2.グレインフリーになりました
3.子猫でも食べられるようになりました

・・・いやいや、簡単過ぎでしょ?(笑)

もっと詳しい比較は、こちらも併せてどうぞ。
カナガンVSシンプリーキャットフード比較

個人的には、カナガンキャットフードに近寄っちゃったのが、
なんだか少し残念な気もするんですが・・・ね。^^;

シンプリーキャットフード



ジャガーキャットフードがランキング入りしそうです

3回も続けて同一のフードを取り上げるのは気が引けたのですが、
もう、これはどうしようもありません。
JAGUAR_package-500
ジャガーキャットフードが売れています。

これは事実です。
(画像は3kg袋ですが日本国内で流通するのは1.5kg袋です)

当サイト及び関連サイトで上位に入るフードは、
(集計期間も長いため)昔からあるフードが有利だと思います。

しかし、ジャガーキャットフードは、そんな不利な状況をものともせず、
まさにジャガーのような勢いでランク入りしそうです。

大相撲で例えるなら、カナガンが横綱、シンプリーが大関、
ジャガーは?と言えば、幕下から一気に大関獲りまで狙える若手力士です。
(なぜ、相撲に例えた!?笑)

大型の猫ちゃんで例えるなら、カナガンがライオン、シンプリーが虎、
ジャガーは?(あっ、これ例えが下手すぎました・・・ ^^;)

ちょっとした贅沢な食事を・・・と望んでいる方が多いんですね。

さすがにカナガンやシンプリーという大きな存在を越えるのは至難の業でしょうけどね。

ジャガーキャットフードの今後も要チェックです。

プレミアムキャットフード『ジャガー』




こちらのサイトでジャガーキャットフードの詳細をご覧いただけます。
ジャガーキャットフード評判・口コミ